腰痛・肩こり・関節痛は骨盤から正す! 湘南平塚の山﨑骨盤調整院  ≪自然良能会 平塚支部≫

254-0014 神奈川県平塚市四之宮1-4-11

ご相談はお電話でお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

TEL:0463(22)6922 (午前8:00~12:30 午後14:00~19:00)

Copyright(C)2006-2019 "Yamazaki Kotsuban Chouseiin" All Rights Reserved

足(脚)が痛む・重い・しびれる

(骨盤調整法による坐骨神経痛の施術)

坐骨神経痛 など

【腰痛から坐骨神経痛へ】

腰痛が慢性化し、進行すると坐骨神経痛となり、足 ( 脚 ) に症状として表れます。
病院では、「坐骨神経痛」及び「椎間板ヘルニア」と診断されることが多いようです。

【足の諸症状】

症状は、足 ( 脚 ) がしびれる、つっぱる、重い、痛い、筋肉痛の様、座ると痛い、歩行困難、等々。

【坐骨神経痛と骨盤調整法】

こうした坐骨神経痛も 骨盤調整法 で、根気よく治療を続けると快方へ向かいます
慢性化しているので、 1 回の治療でズレを正しても、まわりの組織が自然と引き戻してしまうので、回数をほどこす必要があります。

以下の体験談は、実際に当院で治療をされた方のものです。
経過には、各々個人差がありますので、あくまでも参考にして下さい。

事 例 紹 介

夜も眠れない痛みから完全復活。ダンス再開!

坐骨神経痛

( J・Y さん 女性 63 歳 主婦  神奈川県小田原市)

60歳で会社を定年退職後、新たな趣味としてダンスを始め、それまでも楽しんでいた山登り、毎日のウォーキング等、自分では健康的な生活を送っていると思っていました。

いつの頃からか右の腰からお尻にかけてのだるいような感覚に気づきましたが、歩行やダンスには支障が無かったため、今まで通りの生活を送っていました。

 

それがある日、ウォーキングの途中で右足の膝から下が痛くなり引きずりながら帰るという事態に陥りました。安静にしていると痛みはひくのですが、歩くと20歩ほどでまた痛くなるという状態でした。

整形外科にも通いましたが、原因も数種類の要素(骨粗しょう症、脊椎分離症、変形性脊椎症、臼蓋形成不全)があるといった感じではっきりとは示されず、痛み止めの薬とブロック注射、牽引、簡単な運動療法、患部の温めだけで、自然治癒までそれ等で紛らわせておくといった感じでした。

しかし症状は改善しないどころかどんどん悪化し、安静にしていても常にひどい痛みに襲われ、痺れや冷感も伴うようになりました。立っても、座っても、寝ても、お風呂で温めても痛い。夜も眠れぬ痛みに苦しみ、一生このままだったらという恐怖で絶望的な気持ちになっていました。

そんな時知人から「症状は違うが以前手術が必要だと言われたヘルニアを東京の自然良能会というところで直すことができたから、行ってみたらどうか。」と紹介されました。

支部があるはずだからとインターネットで調べ、幸いなことに近くにあった山﨑骨盤調整院に藁をもつかむ思いで電話をしました。事情を聞いてくださった受付の方はご親切にも診察時間終了後の時間に予約を入れてくださり、その日の内に診ていただくことができました。

先生からは、「痛みは典型的な坐骨神経痛である」こと、「整形外科で診断された要因を治すことはできないが、痛みは必ず治せる」という力強い言葉をいただき、安堵で思わず涙が出てしまいました。

体のゆがみがあるとのことで最初は週2回から始めました。最初の頃の施術は先生の手を振りほどきたくなるほど痛かったです。施術の効果は人により違うそうですが、私の場合は翌々日位に効果を感じました。施術の痛みも1か月くらいで「非常に痛い」から「痛気持ち良い」に変わってゆき、体調も安静にしていれば痛くないという状態になりました。

先生からもそろそろ歩行訓練をと言われ近所を散歩してみましたが、靴を履いての歩行は相変わらず痛かったです。焦らずゆっくりという先生の励ましで少しづつ歩く時間を延ばし、5分歩ける状態になり、10分、15分と伸びてゆき、1か月くらいでダラダラ散歩から20分のウォーキング歩行に変えることができるまでになりました。

体調が良くなると気持ちも前向きになり、自宅でも先生に教えていただいたテニスボールで固くなった筋肉をほぐすストレッチを朝晩行うようにするなど努力しました。

それにつれ施術も週1回になり、次は2週間おきになり、今は全く問題ないのですが、自分の体を定期的にケアする目的で月に1度通っています。

坐骨神経痛を患った友人からは「雨が降ると痛くなるよ」等言われたのですが、それも全く無く完全復活といった気分です。無理をしない程度にダンスも再開しました。ウォーキングの距離も30~50分と伸ばしています。体力をつけてまた山登りもしたいと思っています。

何年も痛い思いをした体験談を目にするたびに、4か月ほどで完治できた私は幸せだと思います。先生にはもちろんですが、紹介してくれた知人にも心から感謝です。

ありがとうございました。

【治療師より】

私どもの骨盤調整法はどんな症状でもまず骨盤をみます。なぜなら体の不調は骨盤の歪みが原因でバランスを崩し血行不良になるからです。
J . Yさんは典型的な症状である骨盤変位の原因で臀部から足に負担がかかり痛みがきてしまう坐骨神経痛でした。
J. Yさんは今まで特に腰痛もなく運動をやられていましたのでとても不安な思いに駆られていました。
どうしても悪い所は圧されると痛いですがほぐれてくると圧される痛みは和らいできます。
施術で骨盤を正しい位置に調整をし全身をほぐし、家ではお風呂で体を温め、骨盤運動やテニスボールで臀部や足を圧すほぐしをさらにやって頂き、施術とストレッチの相乗効果もあり少しづつほぐれて症状も緩和していきました。
それと同時に不安も少しづつ解消され今ではダンスやウォーキングを楽しめるようになり本当に嬉しく思います。
これからご自身の手の行き届かない所のケアをさせて頂きたいと思います。

骨盤調整の治療後、病院で『ヘルニア改善』と診断される!

重度の腰痛、坐骨神経痛

(K ・ S さん 女性 49 歳小学校教諭  神奈川県平塚市)

突然はじまった腰痛に、整形外科を5箇所、鍼、灸、マッサージ、接骨院も回りましたが、よくなるどころか、ますます悪くなっていきました。
その間、仕事は 5 ヶ月以上休職のままでした。腰の激痛、硬直感、足にもしびれが出て、とうとう動けなくなり、 1 日中寝ている状態になってしまいました。
MRI では、椎間板ヘルニア 2 箇所、坐骨神経痛と診断されました。何処へ行っても一向によくならず、暗中模索。徒労感、絶望感で何も信じられない状態でした。

そんなとき、以前から山﨑先生のところへ通っていた同僚に勧められて、「藁をもつかむ思い」で、来院しました。
先生は、「右骨盤が上がっていて、そのために左腰に負担がかかり、坐骨神経もやられている。背骨も曲がり、左肩がさがっている。すべては骨盤の狂いです。」と確信に満ちた口調で言われました。こんなに明解に原因を説明されたのは初めて。しかも、「牽引や下半身を冷やすのはだめですよ」ときっぱり言われました。医師の手法をこれだけはっきり否定する根底には、なにかあると思い、しばらく通ってみることに。

それからは、週に4回通院しました。
最初は一進一退が続いたのですが、治療を続けるうち、信じられない効果が見えてきました。 1 ヶ月後には、腰の痛みはほぼ取れて、散歩や自転車に乗れるようになりました。 2 ヵ月後に整形外科で検診を受けると、「ヘルニアが改善」と診断されたのです。そのころから、身体を深く曲げることができるようになりました。

山崎先生には、たびたび暖かい励ましの言葉をかけていただき、自分で前向きに治すのだ、治るのだと信じて頑張りました。「骨盤調整は、自然良能力を喚起させる手助けだ」と、実に謙虚に表現されるのは、治療に絶対の自信があればこそ言えることではないだろうか。こうした先生にめぐり合えたことがなによりも幸運だと思いました。

そしてある日先生から、「どうやら峠はこえたようだ。ただ治療は最後の詰めが大切で、それをおろそかにするとあぶはち取らずになってしまうから、もうひとがんばりしましょう」といわれ、その後は週 3 回にペースダウンし治療を続けました。

以前の軟便ぎみも解消し、昨年までの半分の衣類で過ごせるほど血行がよくなり、「すっかりよくなった!」と大声で叫びたい思いになったころ、山﨑先生から「目処がついたね」といわれました。

そして、治療を始めてから 5 ヵ月後、仕事に完全に復帰し、また、教壇に立つことができるようになりました。

※ 「骨盤調整法でどんな腰痛も治る 五味勝著」掲載 

 

 

【治療師より】

K ・ S さんは、バラコンバンドやウォーキングなど、ご自分でも大変よく努力されていました。 現在も、予防の為に、週 1 回通われています。
腰痛が慢性化して引き起こされる坐骨神経痛は、そもそも一度の調整で治るものではありませんが、このように重症の場合、本当に薄紙を剥ぐような感さえあります。
K ・ S さんの体験談は、治療する側も受ける側も真剣に取り組んで重度の腰痛・坐骨神経痛を克服した実例として、 「骨盤調整法でどんな腰痛も治る 著者五味勝」の冒頭に日記形式でくわしく紹介されています。 

一度の施術で、スタスタ歩けて、本人もビックリ!

慢性腰痛 → 坐骨神経痛

( H・H さん 女性 37 歳 子育て中の主婦  神奈川県平塚市)

やっと歩けるようになった娘を外で遊ばせることも、買い物も、家事も、何一つできず、這って生活することは、痛いだけでなく、本当に惨めでした。
医者の言うとおり「手術」をするか真剣に迷い、親、友人、ご近所に聞き回ったところ、どれも「手術したが再発した」という話しか聞けませんでした。

骨盤調整院は、手術について相談するつもりで来院しました。 ところが、一回の施術で、まっすぐ歩いて帰れたのです。あまりにうれしく、そのまま大型電気店に行って、フロアーを 2 周しましたら、さすがにまた痛みが出てきましたが ( 笑 ) 。

 

治療の直後は、決して無理をせず安静にしてください。せっかく骨盤を正しても、周辺の組織に押され、元に戻ってしまいます。治療した日は、お風呂でゆっくりと半身浴されることをお勧めしております。~治療師より

山﨑先生は、生活の細部にわたり、身体に負担がかからない、いろいろな工夫を教えてくださいました。 それでも先生から、「まだ、やめたほうがいいと思うよ」と言われたのに、車で遠出して、だいぶよくなっていたのに、 2 週間も前の状態に戻ってしまった時は、本当にがっかりし、ずいぶん落ち込み、反省しました。それからは、何かしようと思うと、先生にまずは相談してからと心に決め、時には楽しみにしていた予定をキャンセルしたりもしましたが、それがよかったようでその後は順調に回復していきました。

骨盤調整院に日々通い、少しずつ自分の身体が回復していき「ズボンがはけた」「直角に曲がりながらなら歩けた」「椅子に座って食事ができた」「膝下に座布団を入れないでも眠れた」「食事を作れた」「外を 10 分歩けた」、そうして報告していったのが、今ではとてもなつかしく、よい思い出です。
とりわけ、長い間だっこしてあげられなかった娘が、だいぶよくなってきたころ、遠慮がちに「だっこ…」と膝の上に乗ってきて、抱きしめてあげたときの幸せそうな顔が忘れられません。核家族の我が家では、この娘を置いて、 3 週間も手術やリハビリで入院することは、とうてい考えられませんでした。 先生からの細かい生活指導があったから、治療を受けながら、子育てや家事にも、無理せず取り組んでいけたと思います。

思えば、最初に行った指圧マッサージ店では、「骨はおかしくない、筋肉痛でしょう。」と言われ、 カイロプラクティックに行くと、「出産で骨盤が狂うケースがあるから、レントゲンを撮ったら?」と勧められ、 整形外科でレントゲンを撮り「骨盤は狂ってますか?」と聞くと、医者はレントゲンを見て「骨盤は正常ですよ」と言ってました。 そして湘南地域の治療院を計4件回りましたが、 いずれも快方に向かうことはありませんでした。
結局、骨盤が狂っていることは、骨盤調整院に来て触診してもらって初めて判ったのです。
山崎先生は「仙腸関節がズレてます。脚の長さが左右違うでしょ」とまっさきに言われ、実際自分の目でも見て、ただただびっくり、唖然…でした。
仙腸関節はレントゲンには映らないのだそうですが、それにしても、ずいぶん遠回りをしてしまったなぁ、と思いました。

何をしても、どこに行ってもよくならず、底なし沼のように、どんどん悪化していく地獄のような状況から救われて、山﨑先生と骨盤調整法には、本当に感謝しています。
現在は、自転車で娘を保育園へ送り、仕事にも復帰して、長時間のデスクワークを昔のようにバリバリできています。ありがとうございました。

【治療師より】

H さんは、当院に来る前の3ヶ月間、マッサージ、カイロプラティック、整形外科 2 箇所を回り、牽引、ブロック注射を繰り返した後、手術を宣告されたそうです。その間、どんどん悪化し、赤ちゃんを抱えて、毎日寝たきりに近い状態で、ほとんど家事もできず、憔悴しきっておりました。
腰痛自体は数年前からの古いもので、子供を出産後この症状になったそうです。 触診すると、右側仙腸関節が大きく狂っており、それを補うために、左脚の神経と筋肉に負担がかかり、坐骨神経痛を引き起こしていると判明。痛みは、腰から下肢に移り左足坐骨神経痛により、歩行困難の状態でした。
骨盤を正し、硬直した背中から腰、脚にかけての筋肉をほぐしましたところ、来たときは脚を引きずりながら、やっとのことで伝い歩きをしてきたのに、帰りはすたすた歩いて帰られました。その日から、熱心に週5日、3ヶ月間通いつづけ、脚の痛みも徐々に取れて、腰痛も気にならなくなったそうです。今は何事もなかったように家事もこなし、仕事にも復帰されています。 最近は、より活発になったお子さんの育児で腰に無理がこないように、時々、骨盤がずれていないか「お手入れ」にきています。

一度の施術で、スタスタ歩けて、本人もビックリ!

慢性腰痛 → 坐骨神経痛

( H・H さん 女性 37 歳 子育て中の主婦  神奈川県平塚市)

やっと歩けるようになった娘を外で遊ばせることも、買い物も、家事も、何一つできず、這って生活することは、痛いだけでなく、本当に惨めでした。
医者の言うとおり「手術」をするか真剣に迷い、親、友人、ご近所に聞き回ったところ、どれも「手術したが再発した」という話しか聞けませんでした。

骨盤調整院は、手術について相談するつもりで来院しました。 ところが、一回の施術で、まっすぐ歩いて帰れたのです。あまりにうれしく、そのまま大型電気店に行って、フロアーを 2 周しましたら、さすがにまた痛みが出てきましたが ( 笑 ) 。

 

治療の直後は、決して無理をせず安静にしてください。せっかく骨盤を正しても、周辺の組織に押され、元に戻ってしまいます。治療した日は、お風呂でゆっくりと半身浴されることをお勧めしております。~治療師より

山﨑先生は、生活の細部にわたり、身体に負担がかからない、いろいろな工夫を教えてくださいました。 それでも先生から、「まだ、やめたほうがいいと思うよ」と言われたのに、車で遠出して、だいぶよくなっていたのに、 2 週間も前の状態に戻ってしまった時は、本当にがっかりし、ずいぶん落ち込み、反省しました。それからは、何かしようと思うと、先生にまずは相談してからと心に決め、時には楽しみにしていた予定をキャンセルしたりもしましたが、それがよかったようでその後は順調に回復していきました。

骨盤調整院に日々通い、少しずつ自分の身体が回復していき「ズボンがはけた」「直角に曲がりながらなら歩けた」「椅子に座って食事ができた」「膝下に座布団を入れないでも眠れた」「食事を作れた」「外を 10 分歩けた」、そうして報告していったのが、今ではとてもなつかしく、よい思い出です。
とりわけ、長い間だっこしてあげられなかった娘が、だいぶよくなってきたころ、遠慮がちに「だっこ…」と膝の上に乗ってきて、抱きしめてあげたときの幸せそうな顔が忘れられません。核家族の我が家では、この娘を置いて、 3 週間も手術やリハビリで入院することは、とうてい考えられませんでした。 先生からの細かい生活指導があったから、治療を受けながら、子育てや家事にも、無理せず取り組んでいけたと思います。

思えば、最初に行った指圧マッサージ店では、「骨はおかしくない、筋肉痛でしょう。」と言われ、 カイロプラクティックに行くと、「出産で骨盤が狂うケースがあるから、レントゲンを撮ったら?」と勧められ、 整形外科でレントゲンを撮り「骨盤は狂ってますか?」と聞くと、医者はレントゲンを見て「骨盤は正常ですよ」と言ってました。 そして湘南地域の治療院を計4件回りましたが、 いずれも快方に向かうことはありませんでした。
結局、骨盤が狂っていることは、骨盤調整院に来て触診してもらって初めて判ったのです。
山崎先生は「仙腸関節がズレてます。脚の長さが左右違うでしょ」とまっさきに言われ、実際自分の目でも見て、ただただびっくり、唖然…でした。
仙腸関節はレントゲンには映らないのだそうですが、それにしても、ずいぶん遠回りをしてしまったなぁ、と思いました。

何をしても、どこに行ってもよくならず、底なし沼のように、どんどん悪化していく地獄のような状況から救われて、山﨑先生と骨盤調整法には、本当に感謝しています。
現在は、自転車で娘を保育園へ送り、仕事にも復帰して、長時間のデスクワークを昔のようにバリバリできています。ありがとうございました。

【治療師より】

H さんは、当院に来る前の3ヶ月間、マッサージ、カイロプラティック、整形外科 2 箇所を回り、牽引、ブロック注射を繰り返した後、手術を宣告されたそうです。その間、どんどん悪化し、赤ちゃんを抱えて、毎日寝たきりに近い状態で、ほとんど家事もできず、憔悴しきっておりました。
腰痛自体は数年前からの古いもので、子供を出産後この症状になったそうです。 触診すると、右側仙腸関節が大きく狂っており、それを補うために、左脚の神経と筋肉に負担がかかり、坐骨神経痛を引き起こしていると判明。痛みは、腰から下肢に移り左足坐骨神経痛により、歩行困難の状態でした。
骨盤を正し、硬直した背中から腰、脚にかけての筋肉をほぐしましたところ、来たときは脚を引きずりながら、やっとのことで伝い歩きをしてきたのに、帰りはすたすた歩いて帰られました。その日から、熱心に週5日、3ヶ月間通いつづけ、脚の痛みも徐々に取れて、腰痛も気にならなくなったそうです。今は何事もなかったように家事もこなし、仕事にも復帰されています。 最近は、より活発になったお子さんの育児で腰に無理がこないように、時々、骨盤がずれていないか「お手入れ」にきています。